fc2ブログ

近くて遠い牛の島

ただいま~。
牛の島から帰ってきました。

早速、続きです。

今回の旅の目的は、なんといっても、
予約の取れない宿として有名な、

島宿「真里

に泊まることです。
私が、雑誌で目にしたこの宿に行ってみたいと思ったのが、
8年前。それから、何度か予約に挑戦するもなかなか
予約できなかったのです。
しかも、この宿、子ども連れの日は、第一土曜日と
毎週月曜日限定なので、わが子が生まれた時点で
当分無理だろうなぁってあきらめていたのです。
それが、今回、たまたまキャンセル待ちをかけていたら、
ラッキーなことに、キャンセルが出ていけることになったんです。
行ける時って、意外とこんなもんなのでしょう。

と、期待に胸を膨らませて伺った「真里」です。

今日は、とても長いので、久々続きは下記moreより

P.S
今、「笑顔の輪2010」というイベントに参加しています。
記事 「笑顔の輪 ~至福の時~」がその記事です。
イベントの詳細は、素が屋さんの「ちぃの親育て奮闘記」
確認してくださいね。
3週間限定のイベントも残りわずか。まだ、のぞかれていない方は、
ぜひ、一度のぞいてみてください。コメントも含め、たくさんの笑顔に出会えますよ。

皆様の応援が更新の励みになります。
今後も応援よろしくお願いします。
    
にほんブログ村 子育てブログ 産休中・育休中育児へ 
 
にほんブログ村

おきてがみ 設置してみました。
FC2ブログ以外の方は、ポチっとクリックお願いします。

おきてがみ



まず、お部屋にはいると、館内の説明などしてもらいながら、

ocha.jpg

お茶をいただきました。

夕食は、しょうゆ懐石で、
小豆島のしょうゆやもろみの風味を活かしたお料理でした。
なかでも、

sashimi.jpg

このお造りを、3種類のしょうゆでいただいたのですが、
これが美味しい。しかも、手前にある、きゅうりとなすがまた最高においしかったです。

こうちゃんも生きゅうりをぽりぽりかじり、美味しい顔をしていました。
そして、それなり満足し、いったんご飯を終了して部屋へ戻っていったのですが、
そのあとでて来たのが、

shizu.jpg

「シズの香草焼き」それに、こうちゃんの大好きな「さつまいも」「とうもろこし」
こうちゃん、帰るのを早まったなぁって思っていたら、

帰ってきた

さすが、食物アンテナバリ3のこうちゃん。
察知しないわけがありません。
部屋から、お食事どころまで自分ですたすたと歩いて
戻ってきたそうです。
もちろん、魚、いも、トウモロコシを心行くまで堪能しました。

朝食は、

asage.jpg

こんな感じでした。
夕食も朝食も高級な食材を使っているわけではないですが、
どの料理も、素材の味を活かしつつ、丁寧に作られていました。
ただ、私としては、しょうゆ懐石なので、しょうゆの味の活きる
美味しい、魚の煮つけが食べたかったなと思いました。

rouka.jpg

廊下や建物の雰囲気も良かったですが、何より、ゆったりとした雰囲気が
宿全体に流れている感じが気にいりました。
あと、さりげなく、部屋のお茶壷が開化堂の物だったり、
アメニティーが井上農園のオリーブの物だったりと
細かいところに、上質のものが使われているというのも、
さすがだなぁって思いました。
予約がとれないっていうのと、それなりのお値段に
納得させられたお宿でした。

宿を後にした後は、マルキン醤油の記念館を見、醤油ソフトを食べ、
オリーブオイルなどお土産を買ったりしました。

最後に、今、小豆島を含めた瀬戸内の島は、瀬戸内国際芸術祭ってのを
していたので、そのうちの一つを見に行ってきました。

syoudosshimanoie.jpg

これは、”小豆島の家”という現代アートで、すべて竹で出来ています。
中にはいると、涼しい風がすっと入ってきて、とても不思議で素敵な空間でした。
この芸術祭、直島などいくつかの島でやっているのですが、
また、芸術の島、直島のベネッセハウスなどにも行ってみたいなと思いました。

と、なかなか充実した、牛の島めぐりでしたが、
問題は、フェリーで行くということです。
なんせ、「あー」とか「きー」とか頻繁に奇声をあげる
子どもを連れて、100分間船に乗っているのは、やはり大変です。
今回は、私の父、母が一緒だったのでまだいいですが、妻と2人では
さすがに、無理だと思いました。
妻も
「真里は良かったけど、船での旅は当分無理」
って言っていました。
私も、こうちゃんのことを抜きにしても、フェリーに乗ると交通費も時間も
それなりにかかりますので、コストパフォーマンスということを考えると小豆島は

近くて遠い場所

だと改めて思いました。





関連記事
スポンサーサイト



コメント

ご家族での旅行
楽しまれたようで なによりです~
ウチは 主人が連休を取るなんて事は
ほぼないのでっ
家族旅行なんて 夢のまた夢~
うらやましいです!

醤油懐石!私もお醤油好きなので
気になります
カゴもりの朝食も 素敵~
でも 小豆島の家 気になります(´・ω・`)
2010/09/06(月) 23:56:43 |URL|ももねママ #- [編集]
旅行楽しめたみたいで良かったです~(○・´艸`・)

素敵なお宿に素敵な食事☆
今、早朝更新してるので、
こんなおいしそうなご飯の写真みたらお腹鳴りそうですよ(笑)

息子くん、初フェリーですか?
大変だったみたいですが貴重な体験ができて良かったですね♪
2010/09/07(火) 05:27:57 |URL|こもも #- [編集]
お食事美味しそう~
これはテンションあがりますね。
そして廊下もなんか趣があって良いですねえ。
旅館ならではというか上品で落ち着く感じが素敵です。

100分間の船旅は確かに小さな子供連れにはなかなか
きびしいかもしれませんねえ。
100分間の新幹線の旅をしたことがありますが当時は
かなり大変だった記憶があります。
ひとつの乗り物に長時間いるというのはもう少し大きく
ならないと難しいのかもしれませんね。
2010/09/07(火) 23:03:15 |URL|シャラ #- [編集]
お久しぶりです。
ご家族で小豆島旅行、とても素敵ですね。
私の行ってみたい場所の一つです。
24の瞳、を読んで以来ずっと憧れの地です。
竹でできた家、立派ですね。
美味しそうなお料理も沢山♪
船の旅は大変でしたけれど、素敵な思い出が一つ増えましたね^^*
2010/09/08(水) 13:15:13 |URL|houkisou #- [編集]
こんにちは、ももねママさん。

> でも 小豆島の家 気になります(´・ω・`)

これは、写真で見ていた時は、外から見るだけかと
思っていましたが、中にはいれるのにはびっくりしました。
ただ、行くのに、とても急な、棚田の横の道を下り、
川との間が人一人ほどのあぜ道を抱っこして通らないと
ダメだったのが、少し大変でした。
でも、わざわざ行ったかいがあったと思います。
2010/09/08(水) 14:00:45 |URL|みちしず #- [編集]
こんにちは、こももさん。

> 息子くん、初フェリーですか?
> 大変だったみたいですが貴重な体験ができて良かったですね♪

そうそう、船自体が初でしたからね。
新幹線や飛行機は0歳の時に体験していたのですが、船は
なかなか乗る機会ってないですものね。
ただ、やはり、中途半端に動けるスペースがあるがゆえに
飛行機や新幹線より、制御するのが難しかったです。
2010/09/08(水) 14:02:35 |URL|みちしず #- [編集]
こんにちは、シャラさん。

> お食事美味しそう~
> これはテンションあがりますね。
> そして廊下もなんか趣があって良いですねえ。
> 旅館ならではというか上品で落ち着く感じが素敵です。

館内色々見た中で、私はこの廊下が一番気に入ったので
この写真にしました。あと、窓から醤油蔵や醤油工場の煙突
の風景が見えて、これもいいなあって思ったのですが、
写真にすると、その良さが上手く伝わらない感じだったので
UPするのをやめました。

> ひとつの乗り物に長時間いるというのはもう少し大きく
> ならないと難しいのかもしれませんね。

妻の実家の福岡へ行くときの新幹線は、それほど大変と感じたことが
ないのですが、船は歩いたり、走ったり、遊んだりするスペースが
あるために、テンションが上がってしまい、「あー」「きゃー」の
声が増えるのだと思います。

2010/09/08(水) 14:07:31 |URL|みちしず #- [編集]
こんにちは、houkisouさん。

> お久しぶりです。
> ご家族で小豆島旅行、とても素敵ですね。
> 私の行ってみたい場所の一つです。
> 24の瞳、を読んで以来ずっと憧れの地です。

私は、妻と母が土曜日の午前中が仕事で、午後からの出発になったために、
観光はあまりゆっくりと出来なかったので、次に行く機会があれば、のんびりと、
24の瞳の記念の場所などをみたいと思います。

2010/09/08(水) 14:10:05 |URL|みちしず #- [編集]

コメントの投稿

  • URL
  • comment
  • pass
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://michishizu.blog21.fc2.com/tb.php/124-e6599841

カレンダー

04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

プロフィール

みちしず

Author:みちしず
ニックネーム:みちしず
誕生日:四捨五入するとアラフォー突入?
血液型:A型
息子:こうちゃん 4歳10ヶ月
自己紹介
H22年4月から1年間の育休を取得、
翌年4月から職場復帰。
仕事と家庭の両立に悪戦苦闘の毎日です。

こうちゃんの本棚

お気に入りの絵本達

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

すくパラ倶楽部

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR