fc2ブログ

誕生日 ~大人も感性を磨こう~

今日は、私の誕生日。
何の予定もない普段通り、こうちゃんと過ごす誕生日です。

さて、そんな誕生日に、ひなちゃんと楽しい遊び♪の記事を読んで
思い出したことを少し書きたいと思います。
本当に、久しぶりの教育ネタです。
お題は「感性について」です

少し長くなりますので、続きは↓から

皆様の応援が更新の励みになります。
今後も応援よろしくお願いします。
    
にほんブログ村 子育てブログ 産休中・育休中育児へ 
 
にほんブログ村

おきてがみ 設置してみました。
FC2ブログ以外の方は、ポチっとクリックお願いします。

おきてがみ


養老孟司さんが、
「子どもの感性は、大人よりもはるかにすぐれている。
 感性の鈍い大人が変なかかわり方をするぐらいなら、
 かかわらない方がいい。」
とまで言っていました。
もう少し分かりやすく言うと、
人間は、大人になる過程で、色々なもの、ことを概念化
します。例えば「Aちゃん」「Bちゃん」ではなく、「人」
のように総称化、単純化し、同じとして見るようになる。
つまり、私達大人は、効率的に情報を処理し、他者と
その情報を共有し、共同で社会で生きていくために、
違いを排除し、同じものとして見るようになっていくのです。
しかし、子どもにとっては、あくまでも「Aちゃん」「Bちゃん」です。
つまり、目に入ってくるものが私達には”同じもの”に
見えるものが、”違うもの”として見えるということになります。
極端な話、咲いている花の花びら1枚、1枚、葉っぱ1枚、1枚
の色や形の違いを感じとる力(感性を)持っているという
わけです。
そんな、感性の豊かな子どもとかかわる大人(親、教師)は
自分の感性が子どもより劣っていることを自覚し、子どもの感性の働きを
邪魔しないように、子どもに見えている世界を想像し、共感しようとする
姿勢が必要だというわけです。

私も、誕生日を機に、改めて、子どもとのかかわり中で、子どもに学び
自分の感性と想像力を磨いていこうと思います。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

みちしずさん♪

お誕生日おめでとうございます(^∀^)v

感性を磨く。
そうですね。子供と接していると、感性の豊かさに驚かされますね。
同じものを見ていても、同じに見えていないのだなぁ。
って、よく感じます。

子供の感性の伸びを邪魔せず、受け入れられるような大人になりたいですね☆
2010/10/26(火) 12:15:51 |URL|ひいち #- [編集]
お誕生日おめでとうございます!

深い話ですね~。
勉強になりました。

チーの感性、私にはついていけないところもあります。
も~~~どっちでも良いから早くして~~。
ってな事も多々ありますし。。。
反省ですね~。
親にとっては我慢と忍耐が必要ですねww。
2010/10/26(火) 20:06:12 |URL|木の葉っぱ #- [編集]
お誕生日おめでとう御座います♪

確かに4歳の長男と話してると、子供の目を通して見る世界は、私たちが見てるものとは違うんだな~と感じることが多々あります。

子供と真剣に向き合うと面白いですよね。なかなか時間が取れなくてぞんざいな扱いになる時もありますが、子供の自由な発想、世界を共感しないとな・・・と、反省したいと思います(;´Д`)
2010/10/26(火) 22:28:36 |URL|横滑りMAX #- [編集]
こんにちは、木の葉っぱさん。

> お誕生日おめでとうございます!

ありがとうございます。

> チーの感性、私にはついていけないところもあります。
> も~~~どっちでも良いから早くして~~。
> ってな事も多々ありますし。。。 反省ですね~。
> 親にとっては我慢と忍耐が必要ですねww。

我慢と忍耐、確かにそうかもしれません。
子どもの目線に立つということは、時間軸を大人の世界から
子どもの世界に移すことですから、大人の価値観を放棄しないと
いけませんからね。
でも、そこから子どもと共に得られる喜びや感動は
その瞬間にしか味わえないものと思い、出来る限り、一緒に
体験したいと思っています。

2010/10/26(火) 23:50:25 |URL|みちしず #- [編集]
こんにちは、ひいちさん。

> みちしずさん♪
>
> お誕生日おめでとうございます(^∀^)v

ありがとうございます。 今日は・・・な誕生日でした。

> 感性を磨く。
> そうですね。子供と接していると、感性の豊かさに驚かされますね。
> 同じものを見ていても、同じに見えていないのだなぁ。
> って、よく感じます。
> 子供の感性の伸びを邪魔せず、受け入れられるような大人になりたいですね☆

子どもも、大人になる過程で私達と同じように、概念化の道を通り、
その度に感性が鈍っていくのは、仕方のないことですが、
子ども時代にしか味わえない、感動や驚きの体験をたくさんしてほしいと
願っています。

2010/10/26(火) 23:51:34 |URL|みちしず #- [編集]
こんにちは、横滑りMAXさん。

> お誕生日おめでとう御座います♪

ありがとうございます。

> 確かに4歳の長男と話してると、子供の目を通して見る世界は、私たちが見てるものとは違うんだな~と
> 感じることが多々あります。
> 子供と真剣に向き合うと面白いですよね。なかなか時間が取れなくてぞんざいな扱いになる時も
> ありますが、子供の自由な発想、世界を共感しないとな・・・と、反省したいと思います(;´Д`)

子どもの見る世界を面白いと感じられる自分でありたいと思います。
自分に余裕がないと、ついつい、「ちょっと後で」とか「ふーん」ってスルーしてしまうのですが、
子どもの感動や発見ってその瞬間でないと、一緒に見られないので、あとで「さっきの何やったん?」
って聞いても、もうその時の感動は一緒に味わえないし、面白味がない。
つまり、賞味期限は今その時って感じです。なかなか、それに付き合うのは難しいことも
多いですが、普段からじぶんの心と頭にその意識を持っておこうと思います。
2010/10/26(火) 23:57:51 |URL|みちしず #- [編集]
遅れてしまいましたが
お誕生日おめでとうございます♪


子どもの捉え方って凄いなと感心する時が多々あります。
なるべく自分もそういった目線で物事を捉えられるようになって息子と共感してやりたいけど
大人だと固定観念が邪魔したりしますもんね(´・ω・`)

なのでせめて息子が言った言葉はしっかり聞いて理解してあげたいと思います(つω`*)
2010/10/27(水) 00:29:08 |URL|こもも #- [編集]
すでに日が変わってしまいましたが・・・

みちしずさん、おめでとうございます。

いつもと同じお誕生日の日のようで、
ずーっと後になってみると、
こうちゃんと2人で過ごせたお誕生日って、
貴重な思い出になりそうですね。

語の過拡張使用で色々な物を同じ名前で呼ぶことから、
1歳時点でカテゴライズはできているのだと思っていましたが、
そういう考え方もあるのですね。
年齢や経験を重ねると、どうしても自分の知識の上に知識を
重ねがちなので(縦へは伸びるけど、横に広がりにくい)、
違った視点の考え方、面白く読ませていただきました。
子育てって経験を広げるいい機会だな~と、日々感じます^^
2010/10/27(水) 02:29:49 |URL|うずら #- [編集]
こんにちは、こももさん。

> 遅れてしまいましたが
> お誕生日おめでとうございます♪

ありがとうございます。

> 子どもの捉え方って凄いなと感心する時が多々あります。
> なるべく自分もそういった目線で物事を捉えられるようになって息子と共感してやりたいけど
> 大人だと固定観念が邪魔したりしますもんね(´・ω・`)


そう、固定観念。子どもは感じたことを、自分なりに表現して
それを受け入れてもらうだけで、満足するのに、思わず
「違う」って訂正してしまったりするんですよね。
気をつけないといけませんね。
2010/10/28(木) 13:50:51 |URL|みちしず #- [編集]
こんにちは、うずらさん。

> すでに日が変わってしまいましたが・・・
> みちしずさん、おめでとうございます。

ありがとうございます。

> 語の過拡張使用で色々な物を同じ名前で呼ぶことから、
> 1歳時点でカテゴライズはできているのだと思っていましたが、
> そういう考え方もあるのですね。

きっと、言葉とのリンクという面ではカテゴライズされていると思いますよ。
これは、私の考えですが、
入ってくる時は、大人よりもダイレクトにそのままで飛び込んでくるという
ことだと思います。つまり、大人は、自分の知識や概念という何重もの眼鏡をかけて
物を見ているので、子どものようにダイレクトに入ってこず、その眼鏡を
吹き飛ばすような雄大な自然などに出会わないと、感動できなくなってしまう
ということではないかと。
それと、そのような身近なものにでも感動できるための、好奇心というスパイスが
たくさん働くということも子どもならではということだと思います。


2010/10/28(木) 13:58:01 |URL|みちしず #- [編集]
こんにちは。

訪問が遅くなりました~(汗)
最近娘と一緒に寝てしまいます。。。

遅くなりましたが、みちしずさん、お誕生日おめでとうございます!
一日遅れの奥さまとのバースデーの記事もステキ♪

私の拙い記事を読んで思い出されたとのことで、とても嬉しいです。
自然公園の観察の記事でしょうか?

「感性」について。
大変共感しました!!!!

そして、大変参考になります。

そうなんですよね。
子供のほうが感受性は優れています。
子供たちを尊敬することも多い今日この頃。

お出かけでも、娘主導で行動することのほうが面白いので、私たちは娘が喜びそうな所に連れて行くのみであとはノープランです☆

やっぱり与えられる受動的な刺激よりも、自分から探求して得る能動的な刺激のほうが子供にとって良い刺激なのかもしれませんね。
2010/10/29(金) 15:37:38 |URL|hirapan #- [編集]
こんにちは、hirapanさん。


> 遅くなりましたが、みちしずさん、お誕生日おめでとうございます!

ありがとうございます。

> お出かけでも、娘主導で行動することのほうが面白いので、私たちは娘が喜びそうな所に連れて行くのみであとはノープランです☆
> やっぱり与えられる受動的な刺激よりも、自分から探求して得る能動的な刺激のほうが子供にとって良い刺激なのかもしれませんね。

幼児教育の世界では、環境というものをとても大事にしています。
この環境には物や場だけでなく、人も含まれていて、子どもの個々の興味に合わせて、
能動的にかかわることのできる環境を保育者が準備するようにしています。
ただ、あくまでも教育ですから、そこには、保育者のこう育ってほしいという
願いのもとに環境を準備しています。
hirapanさんが子どもが好きそうな場所に連れていき、こどもが能動的に
行動するのに合わせて行動するというがまさに、それだと思います。
2010/10/31(日) 08:00:30 |URL|みちしず #- [編集]

コメントの投稿

  • URL
  • comment
  • pass
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://michishizu.blog21.fc2.com/tb.php/161-53fd1690

カレンダー

04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

プロフィール

みちしず

Author:みちしず
ニックネーム:みちしず
誕生日:四捨五入するとアラフォー突入?
血液型:A型
息子:こうちゃん 4歳10ヶ月
自己紹介
H22年4月から1年間の育休を取得、
翌年4月から職場復帰。
仕事と家庭の両立に悪戦苦闘の毎日です。

こうちゃんの本棚

お気に入りの絵本達

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

すくパラ倶楽部

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR