FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パパ講座 ~いい夫になろう~

最近、毎朝「保育園いかない!」
といいます。

昨日、妻が「なんで行きたくないの?」と聞くと
「お休みしたいから」といいます
でも、何か引っかかっていることがありそう。
今、保育所では昼寝をパンツで頑張っているのですが、
失敗が多い。本人としても、そろそろ意識し始めているようで、
ちょっと自信喪失気味。それが”行きたくない”の原因では
ないかと思うのですが、まだ、真相は分かりません。
まあ、毎日の洗濯は大変ですが、「失敗しても大丈夫」
と励ましながら、乗り越えてもらいたいと思います。


さて、パパ講座、無事に終了しました。
顔見知りのお母さんたちに話すの慣れていますが、
初対面の方に話をするというのはなかなか緊張しましたが、
質問コーナーではいろいろな質問も出て、自分としては
まずまずだったかなぁと思います。
今回から数回に分けて、話の内容をアップしたいと思います。

第1話は「いい夫になろう」です

なぜ、”いいパパになろう”ではないかというと、
父性は、子どもが産まれてからが勝負なので、子どもが産まれる前にできることは、
妻にとって”いい夫になる”ことです。そして、これが子どもが産まれた後にも
とても大事になってきます。

しかし、いい夫になろうといっても、日本のパパたちの平日の平均就労時間は10時間と言われています。
つまり、時間的な制約があるので、ポイントを絞って頑張る必要があります。

そのポイントは、

1 わからないことは素直に妻に聞く

2 妻が困っていることや苦手やあまり好きではない家事を分担する

3 自分が嫌いでない、できることをする

の3つです。

1と2は関連しているので一緒に話をします。
男と女は考え方やものの見方が基本的に違うので、妻の困り感が男性にはピンときません。
そこで、男性が自分で考えて動くと、”そこじゃないんだけど”という結果になることが
少なくありません。せっかく家事を頑張っても

「そんなやり方だったらしてもらわないほうがいい」

なんて言われることもあります。
最少の労力で、最大の効果を上げるためには

、妻の今してほしいこと

をする必要があるのです。もちろん、女性は

”聞かずにやってくれる”

のが最もうれしいので、ポイントが高いのですが、
これは、上級向けです。まずは、素直に何をしてほしいのかを聞き、それを確実にこなすことで
女性の痒いところがどの辺りにあるのかをリサーチしましょう。これを繰り返していくと、
徐々に、聞かなくても分かるようになってきます。

ただ、女性に得手不得手があるように、男性にも得手不得手があります。

そこで、男性が頑張るときには、まず妻が不得手で、自分が得意なものを
探しましょう。その次は、妻が不得手で、自分が苦手ではないものと
少しずつ、自分のハードルを上げていくといいかと思います。

日本社会では、女性が男性に対する家事・育児の期待値は低いので、
男性は少し頑張ると評価が急上昇間違いなしです。

次回は、”いいパパになろう”です。


皆様の応援が更新の励みになります。
今後も応援よろしくお願いします。
    
にほんブログ村 子育てブログ 産休中・育休中育児へ 
 
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • comment
  • pass
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://michishizu.blog21.fc2.com/tb.php/352-a202c471

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

みちしず

Author:みちしず
ニックネーム:みちしず
誕生日:四捨五入するとアラフォー突入?
血液型:A型
息子:こうちゃん 4歳10ヶ月
自己紹介
H22年4月から1年間の育休を取得、
翌年4月から職場復帰。
仕事と家庭の両立に悪戦苦闘の毎日です。

こうちゃんの本棚

お気に入りの絵本達

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

すくパラ倶楽部

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。